1. HOME
  2. 中学生・高校生のページ
  3. レファレンス① 図書館での本の分類と並び方

中学生・高校生
のページ

レファレンス① 図書館での本の分類と並び方

図書館の本は、探しやすいように、決まったルールで並んでいます。

本の並び方を知っていると、とても便利です。

本の並び方~日本十進分類法(にほんじっしんぶんるいほう)

図書館の本は、書いてある内容によって、グループ分けがしてあります。このグループ分けのことを「分類」といいます。
また、日本国内の多くの図書館では、本の内容によって「0」から「9」の10個のグループに分けて、それぞれのグループをさらに10個に細かく分けていく、「日本十進分類法(にほんじっしんぶんるいほう)」という分類方法を使っています。
本の背表紙に貼ってあるラベルの3ケタの番号は、この分類方法によってつけられた番号です。
書架(本棚)には、分類番号「000」から「999」までの目印がつけてありますので、本をさがす手がかりにしてください。


(1)分類の仕組み

 例:「天気」に関する本を探すとき

「天気」は、自然に関することなので、「4:自然科学」のグループに含まれます。
その中で「4:自然科学」⇒「45:地球・気象」⇒「451:気象学」というようにグループ分けされていきます。
よって、天気に関する本を探すときは、「451」の書架をさがします。

分類の仕組み.png




(2)背ラベルに表示されていること

本の背表紙に貼ってあるシール(背ラベル)に書かれている情報を「請求記号(せいきゅうきごう)」と言います。
請求記号は、3つの内容がふくまれています。

   ① 分類番号(ぶんるいばんごう)...日本十進分類法によって付けられた番号

   ② 著者記号(ちょしゃきごう) ...その本の著者(作者)の姓の頭文字

   ③ 巻冊記号(かんさつきごう) ...シリーズものにおいて、何巻目かをしめす数字

 図書館の資料は、すべてこの「請求記号」の順番で並んでいます。いわば、請求記号は、「本の住所」です。

背ラベルの説明.png



書架(本棚)での並び方

本は、請求記号(せいきゅうきごう)によって並んでいます。
分類番号順、著者記号の50音順に並んでいます。
たなの一番上の段の左から右へと並び、仕切りごとに下の段へ移動します。
また、大きな本や重たい本は、本だなの1番下の段に置くことがあります。


本だなでの並び方.png



◆子ども図書館1階の閲覧室案内図(えつらんしつあんないず)

1F配架案内図.png

絵本の並び方

絵本は本と違い、内容ごとでは分かれていません。
子ども図書館では、その絵本の絵を描いた人の氏名のアイウエオ順にならんでいます。
絵本の背表紙にはってあるラベルには、絵を描いた人の名前(姓)の頭文字が書いてあります。


【気をつけて!】
子ども図書館以外の北九州市立図書館では、おはなしのタイトルのアイウエオ順でならんでいますので、子ども図書館以外で絵本を探す時には、気をつけてください。

◆子ども図書館地下1階の閲覧室案内図(えつらんしつあんないず)


BF配架案内図.png