1. HOME
  2. こどものページ
  3. 本のさがしかた

こどものページ

本のさがしかた

としょかんの本は、本をさがしやすいように、決まったルールで並んでいます。
本の並び方を知っていると、とてもべんりです。

日本十進分類法(にほんじっしんぶんるいほう)

  • としょかんの本は、かいてある内容によって、グループ分けがしてあり、このグループ分けのことを「分類(ぶんるい)」といいます。
  • としょかんの本は、かいてある内容によって10個のグループに分けて、それぞれのグループをさらに10個に細かくわけていく方法で分けられています。
  • 10個のグループには、それぞれ「0」から「9」までの番号がつけられます。
  • 本のせびょうしにはってあるラベルの3ケタの番号は、この分類によってつけられた番号です。
  • 本だなには、「000」から「999」までの番号がつけてありますので、本をさがす目印にしてください。

絵本の並び方

  • 絵本は本とちがって、内容ごとにはわけていません。
  • 子どもとしょかんでは、その絵本の絵をかいた人のなまえ(みょう字)のアイウエオ順にならんでいます。
  • 絵本のせびょうしにはってあるラベルには、絵をかいた人のなまえのさいしょの1文字がかいてあります。


※子どもとしょかん以外の北九州市立としょかんでは、おはなしのタイトルのアイウエオ順でならんでいますので、子どもとしょかん以外で絵本をさがすときには、気をつけてください。