現在のページの位置は

トップページ お知らせ一覧

です。

お知らせ一覧

  • 戸畑図書館の臨時休館について(7月27日(土))(2019.6.13)
 戸畑図書館は、「戸畑祇園大山笠競演会」開催に伴う規制等のため、7月27日(土)を臨時休館します。

  • 蔵書点検に伴い休館します(中央図書館)。  7月2日(火)~ 7月6日(土)(2019.6.11)
  中央図書館は、蔵書点検(特別整理期間)に伴い、 7月2日(火)から 7月6日(土)まで臨時休館します。
予約された資料が準備できた場合の連絡メールは、臨時休館期間中は配信していません。開館後、予約準備完了メールでお知らせします。予約状況一覧で準備が確認できた場合でも、受取館として中央図書館を指定していた場合は、上記期間中の予約資料の受取ができませんのでご注意ください。
ご不便をおかけしますが、ご了承ください。
返却については、返却ポストを用意していますのでご利用ください。ただし、システムの都合上返却処理が遅れますので、他館をご利用される場合は可能な限り他館の窓口での返却をお願いします。

  • 中央図書館で、視聴覚資料(DVD)の利用を開始しました。(2019.3.31)
 平成31年3月31日(日)、中央図書館で視聴覚資料(DVD)の貸出しと館内視聴を開始しました。映画や実用的な資料など約500点を用意しています。

  • 地区図書館分館の愛称の取り止めについて(2019.2.28)
  地区図書館の一部分館に対して、親子が楽しく一緒に本を読める環境を整備する目的から、市立図書館が、「こどもと母のとしょかん」という愛称をつけ、子どもたちの読書活動を推進してきましたが、今後、下記の理由により、その愛称を使うことを取り止めます。
 ①「こどもと母のとしょかん」という愛称が男女共同参画を推進する上で、子育ては母親のみが行うといった固定的性別役割分担を意識させるため
 ②家族の形態も多様化し、母親がいない世帯の子どもたちの心情に、特に配慮しなければならないため
 ③分館の利用が、子どもを中心とした利用から、男性も含めた一般向けの利用が多くなってきたため
 ④「子ども図書館」がオープンし、「子ども図書館」との混同、および「こども」がつく分館とつかない分館(新門司分館・曽根分館)の併存による混乱を避け、円滑に子ども読書活動推進が行えるよう、地区図書館・分館と連携して事業推進の仕組みを再編するため
 
 なお、「こどもと母のとしょかん」という愛称がつけられていた分館は、今後、正式名称である「〇〇図書館〇〇分館」を使用します。

 実施時期は平成31年4月1日からとします。

  • 北九州市立図書館各地区館・分館の児童室(児童書コーナー)共通の愛称について(2019.2.28)
  北九州市では、平成30年12月にオープンした「子ども図書館」を児童部門のセンターとして、地区図書館・分館も併せて、児童サービス、子どもの読書活動の推進ついて、より一層の充実を図っていくこととしています。そこでより多くの子どもたちが、愛着をもって図書館に親しんでもらうために、地区図書館・分館の児童室(児童書コーナー)に、共通の愛称「子どもの本のへや」を設定します。

 実施時期は平成31年4月1日からとします。

» 過去のお知らせ

ここまで本文です